宇野昌磨×グランパス コラボタオル爆誕に使いどころが分からず戸惑った件

宇野昌磨×グランパス コラボタオル爆誕に、使いどころが分からず戸惑った件

名古屋グランパスの公式サイトから
オフィシャルグッズ売店の新商品として
「宇野昌磨×グランパス コラボタオル」
発売とのことで驚きました。

http://nagoya-grampus.jp/game_topics/2018/0819j25gogo-1.html

フィギュアスケーターの応援用バナータオルは
そんなに珍しくないですが

サッカーチームのマスコットキャラクターと
現役フィギュアスケーターのコラボタオルなんて
ちょっと聞いたことがなかったので。

だいたい、選手だけのタオルなら
フィギュアの試合観戦時に
応援用バナーとして振ったりできるけど

このデザインだと半分は名古屋グランパスなので
フィギュアスケート会場で応援用として使うのは
微妙だし、かと言って名古屋グランパスの応援用として

サッカーの試合会場でこれを振るのは
明らかに違いますよね。
宇野昌磨選手はサッカー選手じゃありませんし。

このタオル、どういう使い方をするんだろう?
などと戸惑いましたが、

名古屋グランパスオフィシャルグッズ売店

公式サイトのラインナップをよくよく見てみると

・機関車トーマスコラボTシャツ
・チェブラーシカ コラボTシャツ
・スヌーピーコラボTシャツ
・ぐでたまコラボグッズ

という感じで宇野昌磨選手のコラボタオルは
スヌーピーコラボTシャツと
ぐでたまコラボグッズの
間に挟まれるように表示されてるあたり

宇野昌磨選手は名古屋ではマスコットキャラクターとか
ゆるキャラみたいな感じで受けとめられてるのかなと
妙に納得してしまいました。

スポンサーリンク

宇野昌磨選手はトヨタ所属

まぁ、真面目な話をすると宇野昌磨選手はトヨタ所属で
名古屋グランパスもスポンサーがトヨタということで
今回のコラボが実現したんでしょうね。

宇野昌磨選手は2018年5月6日に
バスケットボールチーム、アルバルク東京(トヨタ)
の応援にも駆け付けていましたが、

今度は名古屋グランパスということで
トヨタがスポンサーにつくとフィギュアスケートの
衣装代など金銭的な支援を受けられる代わりに

シーズンオフはトヨタのイベントに出て
お手伝いするというような話を

現役時代、トヨタ自動車の所属だった安藤美姫さんや
小塚崇彦さんが話してらっしゃいましたが
宇野昌磨選手の応援活動は特に目立ってるように思えます。

五輪メダリストの現役選手ですから
ニュース記事になりやすいというのも大きいんでしょうね。

それにしても安藤美姫さんや小塚崇彦さんが
トヨタに所属していた現役時代は
こういうコラボグッズが製作されたという記憶は無いので

それだけフィギュアスケートが以前より一般に浸透していたり
平昌五輪で宇野昌磨選手が銀メダルを獲得したことや
幼少期から地元名古屋で天才少年として
たびたびテレビに取り上げられて

浅田真央さんや村上佳菜子さんとも
幼なじみというのもありますし
地元では特に支持されてるんだろうなぁと思いました。

バナータオルが制作されたスケーター

ちなみに今まで公式バナータオルが制作されたスケーターさんは
浅田真央さん、高橋大輔さん、無良崇人さん、羽生結弦選手、田中刑事選手
などですね。羽生結弦選手に関しては所属しているANAの
プレゼントキャンペーンで以前、制作されたんですが

なぜか羽生結弦選手は毎年、各スポンサー企業が
羽生結弦選手のクリアファイルを複数種出すのに
バナータオルは出さないんですよね。

(ロッテのキシリトールガム、ガーナチョコレート、東京西川など)

ソチ五輪と平昌オリンピック二連覇して、
国民栄誉賞も受賞した今なら以前より
確実に羽生ファンが増えてると思いますし、
販売とかしてくれたら需要も大きいと思うのですが。

まぁ、キャンペーン用だと
タオルはかさばるけど幅を取らない
クリアファイルなら、たくさんの数を
用意できるっていう大人の事情もあるんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする