悪役令嬢に転生する小説がテンプレとして女性に支持されている件

①ネット小説のアクセスアップ法

②小説投稿サイトの「予約投稿」について

③投稿日時について、細かいことを言うと

④個人的に、最初の内は短編投稿がおススメ

⑤短編小説を投稿するメリット

⑥「タグ」の設定について

⑦大コケした小説を例に『なぜ読まれなかったのか?』考える。

⑧大コケした小説を教訓に、新作小説を書いてみた。

⑨「ざまぁ」「王道」について

⑩悪役令嬢に転生する小説がテンプレとして女性に支持されている件

女性向けで人気のジャンル「悪役令嬢」について

「小説家になろう」の女性向け小説で人気のジャンルに
「悪役令嬢」というのがあります。

マンガやゲームの悪役(本来の主人公のライバルキャラ)に
生まれ変わった為「悪役令嬢」の女主人公は作中冒頭から、
破滅フラグが立っていたり、すでに絶望的な未来が分かっている。
もしくは、基本的に詰んでいる状態から物語が始まることが多いようです。

なんで悪役令嬢モノが人気なのか
よく分からないのですが
強いて理由をあげるとすれば

①女性読者は「王侯貴族の令嬢に生まれ変わる」という設定を好む為

「悪役令嬢」なら身分が高く
才色兼備であるという設定であることが多い為

女性読者のニーズを満たしている
のではないかと思われます。

②「ざまぁ返し」が期待できる

「悪役令嬢」作品なら「女主人公」が絶望的な状態から
自分を糾弾したり、陥れた周囲の人間たちに対して
「ざまぁ返し」することが高確率で期待できる為、

女主人公による「ざまぁ」が見たい
という女性読者層に支持されている
のではないかと思われます。

③「悪役令嬢」作品は「婚約破棄」が絡んでいる場合が多いため

女主人公や王侯貴族の恋愛、
もしくは悲恋物が見たい層に
「婚約破棄」要素は人気が高いため

そういう要素を求める読者から
需要があると考えられます。

④高確率でハッピーエンドになるから

「悪役令嬢」作品の多くは
絶望的な状況から女主人公が、最終的に

ハッピーエンドになるであろうことが
期待できるのでハッピーエンドを
期待する読者に需要がある。

個人的な推測ですが

理由としてはこんな感じでしょうか。

もちろん上記の理由に
当てはまらない「悪役令嬢」作品も
あると思いますので
一概には言えないですが。

ちなみに私も「悪役令嬢」が
主人公の作品を過去に書いています。
これまで書いた短編は21作品で、
悪役令嬢は3作品ですが、当社比で

スポンサーリンク

短編の総合評価で上位5作中、
3作が「悪役令嬢」物です。

ポイントが伸びないと悩んでいる方は
一度「悪役令嬢」のような
人気ジャンルで書いてみるのも
ひとつの手段なのではないかと思います。

ちなみに私の書いた「悪役令嬢」は

タイトルを見れば一目瞭然なのですが
世間一般の悪役令嬢作品と若干、
ズレていると思われますので
私の書いた物を見て

「これがオーソドックスな悪役令嬢か」とは
思わない方が無難だと思います(^^;)

→「悪役令嬢だけど、クラスに魔王がいるのでそれ所じゃありませんわ!」

→「悪役令嬢に転生しましたが、浮気な婚約者の王子をフルボッコに致しますわ!」

→「転生して悪役令嬢になったと思ったら、モフモフ動物しかいないんだけど、こんな世界で私は結婚できるの!?」

まぁ、三作とも短編ですから読むのに
さほど時間はかからないと思いますが

もし読む場合は、参考までに目を通して
「こういうのもあるのか」程度に
とめ置いて頂ければ幸いです。