小説家になろうなど、ネット小説のアクセスアップ法

①小説家になろうなど、ネット小説のアクセスアップ法

②小説投稿サイトの「予約投稿」について

③投稿日時について、細かいことを言うと

④個人的に、最初の内は短編投稿がおススメ

⑤短編小説を投稿するメリット

⑥「タグ」の設定について

⑦大コケした小説を例に『なぜ読まれなかったのか?』考える。

⑧大コケした小説を教訓に、新作小説を書いてみた。

⑨「ざまぁ」「王道」について

⑩「悪役令嬢」について

はじめまして中野莉央と申します。
私は「小説家になろう」や「アルファポリス」
「カクヨム」という小説投稿サイトで
自作の小説を投稿しています。

このページでは「小説家になろう」などの
web小説投稿サイトでブクマ、評価
ポイントを増やす方法について
個人的な考えを書こうと思います。

基本的に分かりきっている話ばかりです。
目新しい話は無いと思いますが

アクセス数が少ない、ポイントが低いという
お悩みを抱える「初心者ユーザー」の
一助になれば幸いです。

「小説家になろう」というサイトは

サイト自体のデザインがシンプルかつ
各ジャンルのランキングも見やすく
閲覧者の数も非常に多いです。

http://syosetu.com

無料のweb小説投稿サイトといえば「アルファポリス」「エブリスタ」
「ハーメルン」「エブリスタ」「Arcadia」最近だと角川の

「カクヨム」「ツギクル」などもできましたが
圧倒的にユーザーが多いのは何と言っても
「小説家になろう」です。

たくさんの人に自作の小説を
読んでもらいたいなら
数あるインターネット小説サイトの中でも

閲覧者や利用者が圧倒的に多い
「小説家になろう」に投稿するのが
もっとも多く読者の目にとまる可能性があると思います。
個人的にもサイトがシンプルで見やすく、おすすめです。

また小説を「読みたい」という
読者の方にも「小説を読もう」という
読み手に特化したweb小説検索ページもあります。

「小説家になろう」から自作の小説が書籍化して
プロデビューされた作家さんも、たくさんいらっしゃいますし
コミカライズ(漫画)化、アニメ化された作品もあります。

ネットでの小説投稿は簡単にできますから
作家を目指している方にもネットの
小説投稿サイトはおすすめです。

『小説家になろう』に投稿したけど

「ぜんぜん読んでもらえない! なんで!?」
という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

すでに書籍化を経験したプロ作家の方ですら
せっかく『小説家になろう』に投稿しても

「読んでもらえない! ブクマがつかない! 
評価がもらえない! ポイントが増えない!」
という場合があるそうです。

では、どうしたら読んでもらえるのか。
少しでも読んでもらえる可能性のある
投稿方法について自分が実際に投稿して
感じたことを交えてご説明します。

スポンサーリンク

①投稿時間

まず大事なのは投稿時間です。

一般的に「小説家になろう」で読者数が多いと
考えられる時間帯を狙って投稿すれば
それだけ多くの方に読んでもらえる機会が増えると思います。

ちなみに読者が多いと考えられている時間帯は

・朝の7時~9時
・昼の12時~13時
・夕方17時~24時

あたりと言われています。
自分でも色んな時間帯に投稿してみましたが
上記の通りだと思います。

平日、朝の7時~9時は人々が起床して、
朝の通勤、通学をしている時間です。
スマホなどで読んでくれるユーザーが
主なターゲットですね。

次に昼の12時~13時。お昼の休憩時間に
アクセスする人は意外と多いです。
お昼ご飯を食べた後に、スマホなどで
チェックされている方が多いのだと思われます。

夕方以降は仕事終わり、学校終わりの帰宅中に
スマホを触る層が多いからです。

そして自宅に帰ってからはパソコンで
閲覧する方も多いと思われます。
ですので夕方~24時くらいまでは
アクセスが一番多い時間帯と言われてます。

個人的には朝の時間帯より
昼12時~13時か、夕方以降の方が
アクセス数が多いように思います。

小説を投稿する時間帯に関しては
上記を参考にして頂ければ
比較的、アクセスアップに
つながりやすいのではないかと思います。

「小説家になろう」に投稿するのを前提に
説明しましたが投稿時間に関しては
ほかの投稿サイトでも共通している事柄だと思われます。
この情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする